増大サプリ 増大手術

MENU

増大サプリと増大手術のメリット・デメリットを検証

増大手術

 

ペニスを増大させたいと思った時、真っ先に思いつくのが病院やクリニックでの増大手術だと思います。
私も増大サプリを飲むか、増大手術を受けるか、迷いました。
そこで私は増大手術に関するメリット・デメリット、増大サプリに関するメリット・デメリットを徹底的に検証したんです。
その結果、増大サプリを飲むことに決めたんですが。

 

その時のメモなどを公開しようと思います。
増大手術かサプリかで迷っている人は必見の内容ですよ。

 

 

増大サプリと手術のメリットは?

それではまずは、増大サプリと手術のメリットからお伝えしましょう。

 

増大サプリのメリット
  • 副作用などの危険性がない
  • 手術に比べて値段が安い
  • 誰にもバレずに徐々に増大できる
  • 効果は半永久的に続く
  • ペニスを長くすることも太くすることも可能

 

増大手術のメリット
  • 効果がすぐに実感できる
  • 効果に個人差が少ない

 

増大サプリのメリットは「安全」であることが一番でしょう。
値段も1箱1万円くらいで済みますし、ネット通販の商品が多いので誰にもバレずに購入することができます。
さらに2〜3ヶ月かけて徐々に増大するので、誰にもバレずに増大することも可能です。
そして、何より効果の持続性が高いこと。
これも大きなメリットになるでしょう。

 

増大サプリのメリット

 

一方、増大手術は「即効性」があることが大きなメリットになるでしょう。
また、効果に個人差がないのでほぼ誰でも効果を実感することができます。

 

 

増大サプリと手術のデメリットは?

続いてはそれぞれのデメリットも上げてみます。

 

増大サプリのデメリット
  • 即効性がない(平均で2〜3ヶ月はかかる)
  • 効果に個人差がある

 

増大手術のデメリット
  • 値段が高い(5万円〜40万円)
  • 手術痕が残る可能性がある
  • 注射する薬剤によってはアレルギー反応が出る
  • 効果の持続期間が短い(2ヶ月〜2年)
  • 太くする手術と長くする手術があり両方一緒に受けることは難しい
  • 手術後1ヶ月は性行為が禁止

 

増大サプリのデメリットは「即効性がない」という点がネックでしょう。
平均して2〜3ヶ月はかかりますので、途中でやめてしまう人も多いです。
また、体に栄養を与えて、ペニスが増大しやすい体を作っていくため、効果に個人差が出てしまいます。

 

増大サプリのデメリット

 

一方、増大手術はやはり「危険」な点がネックです。
医学が進歩しているので失敗する可能性は低いですが、手術である以上100%安全ではありません。
また、持続性がないこともデメリットです。
そして、手術を受けて増大したのに1ヶ月は性行為禁止、これは痛いですよね。
せっかく増大したのにセックスできないなんて。

 

 

まとめ

これらメリット・デメリットを考慮した結果、私は増大サプリを選びました。
参考になれば幸いです。

 

 

それでは次に、

超簡単!ペニス増大トレーニングは1日10回のスクワットでOK?

を紹介しましょう。

 

 

安全に安く増大したいのならゼファルリン